休眠預金事業「女性のエンパワメントで高める地域の防災リーダー育成事業」助成|公益財団法人地域創造基金さなぶり

助成金

休眠預金事業「女性のエンパワメントで高める地域の防災リーダー育成事業」助成|公益財団法人地域創造基金さなぶり

地域創造基金さなぶりでは、「女性の活躍が災害の困難を軽減する地域創り」を提案し、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」(平成 28 年法律第 101 号)(以下、「同法」という。) における資金分配団体(以下、「資金分配団体」という) として採択され、指定活用団体である一般財団法人日本民間公益活動連携機構(以下、「JANPIA」という) からの助成を受けて本助成事業を実施することになりました。

以下の通り、選定された事業内容に基づく事業を実施するための実行団体の公募・選定・助成を行います。本事業に関心のありそうな団体のご紹介や、以下、公募説明会、個別相談会の周知のご協力をいただければ幸いです。

◆公募事業の概略

申請団体が主体となって行う、以下の事柄を含む事業を助成対象とします。

  1. 地域の女性たちのエンパワメント(リーダーシップの醸成(※))を通じ、防災・減災にかかる人材育成プログラムであること。
  2. 人材育成プログラムが、座学形式だけではなくOJT等の実践形式を含む構成となっており、事業期間中に当該育成プログラムが2サイクル行われること。
  3. 1サイクルの研修中、1回以上は過去の大規模自然災害の被災地(阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨)への宿泊研修を含むこと(旅費等は全額助成金経費として計上可)。
  4. 上記1〜3を中核とし、事業地域において女性と災害弱者に配慮をした活動をしていく際に必要となる、地域内関係者(男女を問わず)の理解醸成を目的とした取組み。
  5. 本育成プログラム修了者による地域での防災・減災活動の実施をサポートすること。

◆助成額等

  • 実行団体への助成総額: 総額2.1億円・7件程度を目途
  • 1実行団体あたりの助成額: 3年・3,000万円
  • 助成比率:事業費総額の8割/自己負担:2割 (評価関連経費を別途加算)
  • 助成期間(実行団体の事業実施期間)2022年8月~2025年2月28日まで
  • 対象となる活動地域: 国内いずれの地域でも ※詳細は要項を確認してください
  • 申請締切:2022年6月20日(月)17時 ※電子メールでの申請です申請受付終了
  • オンライン説明会+個別相談のご利用を強くお勧めします。

オンライン説明会・個別相談の日程、応募要項など詳しくは「公益財団法人 地域創造基金さなぶり」ホームページをご覧ください。https://sanaburifund.org/shiensupport/2022/05/17695/


Top