子どもシェルター新設事業|公益財団法人パブリックリソース財団

助成金

子どもシェルター新設事業|公益財団法人パブリックリソース財団

虐待など、親による安定した養育環境がない10代後半の子ども達が「今夜泊まるところがない」という過酷な状況に置かれたとき、唯一の緊急避難先となる「子どもシェルター」が全国的に足りていないという現状があります。

本事業では、すべての子ども達が自立して豊かな人生を歩めるようになることを目指して、弊財団と子どもシェルター全国ネットワーク会議が協働で資金分配団体となり、子どもシェルターが特に足りていない地域での5つの子どもシェルター新設を支援します。

※本事業における「子どもシェルター」とは

本事業では「子どもシェルター」を、避難してきた子どもが、緊急避難所として数日~2ヵ月程度、職員やボランティアスタッフと寝食を共にし、家庭的な生活を送りながら、今後の見通しについて社会福祉士などのスタッフや子ども担当弁護士と話し合い、児童相談所等と連携しながらその後の行き先を探すための場と想定しています。

  • 助成金額:3年間の合計で1団体あたり上限1700万円
  • 助成期間:2022年4月(契約締結日以降)~2025年3月31日までの3年間
  • 公募締切:2022年1月31日(月)

詳しくは下記団体ホームぺージをご覧ください。

子どもシェルター新設事業 https://www.public.or.jp/project/f1012


Top