休眠預金等活用法に基づく資金分配団体の公募|日本民間公益活動連携機構(JANPIA)

助成金

休眠預金等活用法に基づく資金分配団体の公募|日本民間公益活動連携機構(JANPIA)

我が国においては、人口減少、高齢化の進展等の経済社会情勢の急速な変化が生じており、国民生活の質や水準への影響等、様々な社会課題に直面しています。
加えて、東日本大震災から10年の節目を迎える2021年においても同震災の影響は残っています。さらに、新型コロナウイルス感染拡大の影響は続いており、生活上の困難を抱える人々の増加など、行政では対応困難な社会課題が増加しています。また、こうした社会課題の中には、法制度や予算等の仕組み上、行政の執行になじみにくく、既存の施策では十分な対応が困難であり、国及び地方公共団体では対応が困難な課題が多くあります。

JANPIAは、同法に基づく指定活用団体として、民間公益活動を行う団体(実行団体)に対して助成を行う資金分配団体について、2021年度の公募(通常枠)を年度中に複数回実施します。今回、第1回目の公募を以下に沿って実施します。なお、第2回目の公募開始時期は、第1回目の公募状況等を踏まえて決定します。

公募期間:2021年4月26日~6月30日(水)17:00まで

※申請受付開始は5月24日(月)を予定

5月17日以降通常枠の公募説明会を実施します。

くわしくはこちらをご覧ください。https://www.janpia.or.jp/koubo/2021/

 


Top