困難な状況を生きる子どもたちを支援|公益財団法人パブリックリソース財団

助成金

困難な状況を生きる子どもたちを支援|公益財団法人パブリックリソース財団

困難な状況を生きる子どもたちを支援する「NOBUKO基金」

本基金は、2019年2月18日に41歳の若さでご逝去された河合伸子さんのご遺産を原資として、お父様からのご寄付により、伸子さんのご遺志に基づき、困難を抱える子どもや家庭に育つ子どもたちを支援することを目的に設立されました。

困難な状況を生きる子どもたちが困難を乗り越え、それぞれの可能性を最大限に伸ばせるように支援を行っているNPOを応援します。3つの分野でそれぞれ2団体を選定し、1団体あたり年間250万円を上限に、3年間の継続助成を行います。

支援対象分野

  1. シングルマザー支援を行うNPO等の活動
  2. 虐待を受けた子どもに対する支援を行うNPO等の活動
  3. 潜在的能力がありながら、何らかの事情で能力を伸ばせない子供に対する支援を行うNPO等の活動

応募締切:令和3年4月23日(金)17:00 ※お問合せは4月23日(金)12:00まで受け付けます

詳しくはこちらからどうぞ! NOBUKO基金」


Top